デリヘル業者のピンクチラシには要注意

デリヘルでは無許可の悪質店と呼ばれている業者が、常に新規参入してきています。
悪質店に騙されてしまうと、最悪の場合ボッタクリ行為に遭ってしまうこともあるのでご注意ください。
悪徳デリヘルが充満してきた現在、そんな悪徳業者を避けるようにデリヘル選びをする必要があります。
どんなに素晴らしいホームページを運営していても、実際はボッタクリだったなんてこともあるので注意してください。
悪質なデリヘルにおきましては女性の容姿レベルが低かったり、サービスが悪かったりとメリットが一つもありません。
よく自宅のポストや街角に、ピンクチラシがありますがあれば違法行為なのでピンクチラシを貼っているデリヘルは利用しないようにしましょう。デリヘルの場合におきましては、まず大切なのがお店選びということになります。
デリヘルは、店舗が無くても営業出来るので、極端に言えば携帯電話がひとつと、女性が一人いれば、ビジネスになってしまうのです。
デリヘルというのはある意味でこの社会に無くてはならないものとなります。
男の性欲を解消してくれるデリヘルが無ければ今頃全世界でレイプ犯罪が多発していることでしょう。

大阪 風俗はここ
http://www.asoviva.jp/osaka_fu/



デリヘル業者のピンクチラシには要注意ブログ:15 8 17

きのうの真夜中、
親父はひどく酔っ払って帰宅しました。

この日、親父の機嫌は良くなく、
また普段は超無口ですが、
酔うと同じことを何度も繰り返す…
うっとおしい状態になっていました。

そして、
「腹減った。メシ」
と、ウエストなんて減ってもないくせに、
母親に言いました。

すると母親は…
何を血迷ったか、冷めたハヤシライスを親父の前に出しました。

「こんな冷めたハヤシライス食えるか!」
と、少々怒りを感じた親父。

それを受けて、母親はハヤシライスの皿を引き取って、
電子レンジに入れました。

…が、ここからが、問題行為なのです。

電子レンジに入れたかと思うと、
母親は、温めを押して20秒もしないうちに取り出して、
温まってないハヤシライスを父親に出しました。

この行為に、
普段はとても大人しい(というか、何を考えているか分からない、無愛想な)
親父がキレてしまい…

「こんなもん食えるか〜」
と言うと同時に、茶碗や皿を投げつけました。

すると、怒りを逆なでするかのように
「俺、美味しく食べれるもん」
と、意味不明の弁解をする母親。

親父の怒りは母親に向かい、平手打ち!!

それを目の当たりにしたおとうとは逆切れし、
親父に向かって
「お前、男が女に手を上げるって、どういうことか分かってるんかぁ!!」
と、おとうとが親父を殴ろうとした瞬間…

「子どもが両親を殴るのはもっと最低な事や!!」
という、(おとうとが言うには)正義の心の声が聞こえ…

おとうとは自分の頬を
バッチンバッチンと自分で殴り始めたのです。

そんなおとうとの行動に
空いたクチが塞がらない親父と母親は、
すっかりケンカをしていることすら忘れたようでした。